あすなろ撮影録

大学生の備忘録的ななにかです

〈8/31 変わる九州旅-2〉ありがとう肥前山口駅

こんばんは。

いつの間にか10月になり、今年もあと2か月という恐ろしさを感じている今日この頃です。てかこれ毎年のテンプレですよね、でも本当にそう感じるんですよねえ…

 

さて本題へ。甘木鉄道を往復しつつ、基山からは再び鹿児島本線を南下します。

前回はこちらから。

naroaru.hateblo.jp

 

鳥栖長崎本線にお乗り換え、行程の都合で特急「かもめ」21号で佐賀までワープします。今更ですが、博多~基山~鳥栖青春18きっぷを使っているので実質課金です。

「特急至上主義」なんて揶揄されることの多いJR九州は、比較的安価なB特急料金が設定されています。ただ、2022年3月のダイヤ改正で少々値上げされたようで、25kmまでの自由席特急券が310円から500円になりました。

しかも一部区間では事前料金と車内料金の区分も設けられたようで、飛び乗り客やその場限りの観光客より定期利用客を重視する傾向に変わりつつあるんですかね。

 

某ミュージシャンでお馴染み、佐賀では多くの下車がありました。県都であると同時に、福岡都市圏内の範疇でもあるため、確かに在来線特急は無くてはならない存在なように感じました。

三重県民が言うのもアレですが、駅前が栄えているかと言われればまあこんなもんか…といった塩梅。日常使いする分には程よい便利さといったところでした。いやそう思えたなら我らが津駅はなかなか悲惨だ。

 

ふとコンコースへ続く階段を見ると、姿形を変えた「かもめ」をアピールするポスターが貼られていました。この車両が佐賀を通る日が来るのかは全く分からないのにちゃんと祝われているあたり、何とも複雑な気持ちになりますねえ。

佐賀県からしてみれば「在来線でも新幹線でも博多までの時間は変わらない」ということで、あくまでも「フル規格の新幹線」建設を合意していないという点が重要です。

そもそもスーパー特急だのフリーゲージトレインだの、今の在来線を活用する方式でGOサインを出したのに、急に無理ですって言われちゃあそりゃ困りますわな。未着工というよりは未開通な佐賀県区間、新しい「かもめ」はいつ来るんでしょうか。

 

接続する普通列車に乗り換えて、辿り着いたのは「旧」肥前山口駅でございます。長崎本線佐世保線が分岐する主要駅ですが、2022年9月のダイヤ改正自治体名(江北町)に合わせる形で江北駅へと改称されました。

特段思い入れがあるわけではないんですが、実は同じ読みの港北駅が名古屋市あおなみ線に存在します。なんなら名古屋競馬場前駅から改称されたという経歴すら共通項を感じます。ギリ東海地方に馴染み深い、っちゃわけです。

 

肥前山口で忘れてはいけないのが、この「JR最長片道切符の旅 ゴール」と書かれた記念碑です。全国のJR路線を一筆書きで巡ろうとしたとき、稚内をスタート地点とするとゴール地点はここ肥前山口になったわけですね。

総距離1万682.2km(全区間JR利用)、途方もないからこそロマンもあった挑戦でしたが、西九州新幹線の開業でさらに18.5km延び、かつゴールも新大村に譲る格好になりました。実に33年ぶりに終着駅が変わったそうです。

最長片道切符の偉業によって、肥前山口という駅名はもはや全国区になっているような気がします。名は変われど歴史は不変、色んな思いが詰まった場所でした。

 

廃線や廃駅になるというわけでもないのにここまでの盛り上がりよう、やはり地域の方々にも親しまれてきたんでしょうね。より町の玄関口という意味合いが強くなりそうですが、末永く大切に使い続けられることを願います。

 

30分ほど滞在し、折り返し佐賀方面へ向かう普通列車に乗り込みます。

次回に続きます。ありがとうございました。

〈8/31 変わる九州旅-1〉努力家で優等生・甘木鉄道

こんばんは。

9月最後、長い長い夏休みが終わると嘆く大学生も多いのではないでしょうか。かく言う自分は授業こそはありませんが、結局は用事で行かなければならないので実質明けました。やめてほしいですね切実に。

 

さて本題へ。変わる(というか更新遅すぎて最近変わってしまった)九州旅、前回は福岡空港に降り立ったところでした。

naroaru.hateblo.jp

 

えらい漠然としたツイートをしてしまいましたが、博多に到着しました。改札を出たのはこれが初めてで、よく「福岡市はコンパクトシティ」とか聞きますけどやっぱり都会です。もんげえ人多いさここ。

鹿児島本線の荒木行き快速に乗り込んで大体30分、佐賀県に入って基山で下車しました。町職人たちによる展示スペース「KIYAMA駅GARAGE」よりも際立っちゃってるのが『キングダム』のパネル。作者さんが基山町出身なんですね~

ちなみにみどりの窓口の営業時間が7:00~11:30というのにちょっとびっくり。利用者は多いほう(佐賀県内の鹿児島本線の駅では乗降客数2位)なのに午後は開けんのですか…

 

AR300形(307) 〈103 普通 甘木〉

ここから分岐するのは、13.7km先の甘木までを結ぶ甘木鉄道でございます。全11駅、乗り通しても30分掛からないくらいの短い路線で、毎度お馴染み国鉄出身の第三セクター路線です。沿線自治体だけでなく、キリンビールも出資していたりします。

一応福岡都市圏内だったり、後述する西鉄電車との接続改善を頑張ってみたりで、三セクの中でも赤字額が比較的少ないようです。智頭急行や過去の北越急行みたく特急街道でもないのにここまで健闘しているというのも、なかなか珍しいですね。

 

真昼真の割にはそこそこの乗客を乗せて発車。概ね30分間隔、かつ駅間も短いということで、利便性が良いという点では確かに「三セクの優等生」と例えられるのも納得です。

写真では大分自動車道を潜ろうとするところですが、何やら使われていなさそうなホームが。こちらは国鉄時代に使われていた旧筑後小郡駅で、三セク転換と同時に西鉄天神大牟田線と交差する現在地へと移設、小郡駅として再出発を果たしました。

西鉄電車の急行に乗り換えれば、西鉄福岡(天神)までダイレクトで30分。基山での博多接続よりもこっちのほうが恩恵が大きそうですな。

 

AR300形(303) 〈111 普通 甘木〉

途中の大板井で降りて、後続の甘木行きを撮影。使用車両はAR300形とAR400形(一点モノの宝くじ号)で、もう見た目まんまのレールバス車両です。車内放送でも「この、レールバスは…」と流れるくらいです。

どうやら全ての車両の塗装が異なるようで、この303号車は国鉄キハ20形のツートンカラーを模した配色となっています。いや、まあ、全然カッコいいんですけど、デカデカと広告が貼られているのが気になりますねえ…

 

AR300形(307) 〈110 普通 基山〉

基山行きは地元の高校生によるデザインがあしらわれた車両でした。宝満川を渡り、大分道と並走し、奥には宝満山…か何かしらが構える風景、非常に良きです。

ところで左側の橋梁だけやたら新しそうに見えますが、2006年7月の大雨の影響で架け直した経歴があるそうな。今年も各地で数多くの自然災害が発生し、各ローカル鉄道を中心に大きな被害を受けました。時間は掛かるとは思いますが、何とか復旧してもらいたいものです。

通りすがりのおじいちゃんと話し込みつつ、散歩がてら隣の松崎まで歩いて移動。再び甘木行きに乗り込みます。

 

終点・甘木は本社や車庫も位置する拠点駅です。そして西鉄甘木線も乗り入れるターミナル駅でもある…ものの、普段は物静かな佇まいのようです。

現在は福岡県朝倉市ですが、ここら一辺は旧甘木市。誰しもが聞いたことがあるであろう「邪馬台国」の地、すなわち日本発祥の地が朝倉・甘木地方ではないかという説が有力視されているそうな。

まあ、倭国(≒日本)の女王「卑弥呼」は天照大神で、そもそもが架空上の人物みたいな話もあるくらいなので、真相は定かではないというのがまた面白いところです。

 

折り返し基山行きに乗り込み、歩いてワープした松崎~大板井を通ったことで全線完乗を達成。短い路線ながら、様々な企業努力や奥深い歴史が詰まった甘木鉄道でした。個人的には西鉄甘木線も気になるところです。

基山からは鹿児島本線に復帰して、鳥栖方面へ向かいます。

 

次回に続きます。ありがとうございました。

〈変わる九州旅-0〉遠いターミナル、近い市街地

こんばんは。

今回から新シリーズと題しまして、夏休み期間中に九州へと旅立った様子をお届けします。枚数多め&この更新の遅さなので、いつ完結するかは全く分かりませんが、気長にお付き合い頂ければ幸いです。

ちなみにですが、九州へは昨年秋にも訪れていまして、1年経たずして再び足を踏み入れることとなりました。

 

naroaru.hateblo.jp

 

旅のスタートは深夜の近鉄名古屋駅鈴鹿からの最終はこの23:42着の急行…ではなく23:52着の特急…でもなく0:11着の普通電車だったりします。郊外発都心行きも案外遅くまで走ってるもんなんですね。

今回は中部国際空港(セントレア)から飛行機で九州入りする予定ですが、鈴鹿からの始発だと間に合わない(JR関西線を使えば間に合わないことはないものの、とある事情で却下)とので、名古屋に前泊することにしました。これだと名鉄名古屋6:00発のミュースカイに乗ればたった30分で向かうことができます。

 

で、滞在時間は6時間切りなのでホテルなんか泊まってられない…ということで快活CLUBの鍵付完全個室を使ってみました。横になれるって地味に有難い話ですし、仮眠程度ならこんなもんで十分だと思いました。防音もある程度は保障されていますし。

利用したのは名古屋錦店。地下鉄栄駅1番出口すぐという好立地…というのはいいんですが、快活って名駅周辺には1つもないんですね。駅前に乱立しているというド偏見なイメージがあっただけに、ちょっと意外でした。

 

快活そのものは何回か使ったことがあったんですが、鍵付個室は初めてでした。そしてもうひとつ気になっていたのが、このお食事メニューというやつ。いやまあ単純に美味しそうですやん。

鍵付個室の場合、注文もしくはドリンクバーの飲食物を自室に持ち込むことはできないので、共用スペースで飲み食いすることになります。ただ店外から自分で持ち込んだ飲食物なら自室でもOKという、ちょっとややこしいルールがあったりします。

 

シャワーを浴び、気になるマンガを物色し、うとうとしていたら東山線の始発の時間になりました。栄駅の名古屋方面高畑行きの始発は5:38発と、地下鉄都市圏にしては異様に遅いんですよね。利用実態がこんなもんということでしょうか。

そして先述の通り、名鉄名古屋駅からミュースカイに乗車。8両ですしこんな早朝なのでガラガラだろうと思っていたところ、金山と神宮前でどっと乗車があり、少なくとも1号車は窓側が全て埋まるくらいにはなりました。これまた意外。

ちなみに名駅からセントレアへは5:23発の急行と5:36発の快速急行が先着しますが、東山線始発では間に合いません。その影響もあるんですかね。

 

あっという間に終点・中部国際空港駅に到着。鉄道・バス・高速船・駐車場などの交通機関が集結するアクセスプラザから出発&到着ロビーへは動く歩道によって一直線で結ばれているので、数ある国際空港の中でもなかなか親切なほうだと思います。

…ですが、それはあくまでも第1ターミナルの話であって、第2ターミナルですと話は違ってきます。今回はJetstarなので、意気揚々と第1の出発ロビーにやってきた中の人は、このモニターを見て門前払いを食らって焦りに焦りまくったわけです。

第2発着の国内線航空会社は今のところJetstarだけ(国際線は他3社)。同じLCCでもpeachは第1発着であることを考えると、確かに初見さんは迷いそうです。

 

そんな第2ターミナルですが、とにかく遠いというのが何とも言えない部分。アクセスプラザから屋外の連絡通路を約10分歩き、保安検査場を抜けてからさらに500mほど歩き、追加で搭乗のための階段とタラップを通る羽目になります。関東圏の方は成田の第3みたいなもんだとお考え下さい。

旅客施設使用料(空港使用料)を安くするためのLCCの常套手段といったところでしょうが、旅行前もしくは後にここまで歩かされるとは… 個人的には「安いんならOK」というスタンスなので全然構わないですし、第2は綺麗&広いので結構好きですが。

 

朝のウォーキングを済ませ、ここからは名古屋(中部)7:35発のJetstarGK581便に搭乗し、福岡を目指します。先述の通り鈴鹿からだと近鉄の始発では間に合わず、JR関西線で来たとしてもセントレア6:51着という際どい時間なので前泊したわけですな。

Jetstarというと、何となくオーストラリアのイメージがあります。確かに本社はメルボルンに置いているようですが、日本の拠点は成田とのこと。その割には四国や九州発着の路線が多いという、西日本みを感じるLCCです。

 

上の写真が離陸後の様子、下の写真が着陸前の様子の様子です。中部空港が海上の人工島として浮かんでいるのに対し、福岡空港は旧日本軍の飛行場を転用した経緯を持つために市街地のど真ん中に位置しているというのが特徴です。

成り行きとしては大阪(伊丹)空港も同じようなものですが、今は後発の関西空港と棲み分けがなされています。こちらは博多中心部から至近という超圧倒的利便性を売りにしているため、狭い滑走路をなんとかやりくりしている状況だそうです。

 

確かにここまで「近い」空港は世界的に見ても稀ですし、荷物がかさばる航空機ユーザーにとっては有難い話ではあります。というかこの辺の飛行機の高度って大分低いと思うんですけど、周辺の博多区民はもはや慣れっこなんでしょうか?

名古屋から来たのに名古屋の金シャチを眺めつつ、地下鉄でひとまずJR博多駅方面へと向かいます。

 

次回から本格的に九州旅が始まります。ありがとうございました。

 

naroaru.hateblo.jp