あすなろ撮影録

大学生の備忘録的ななにかです

〈2/10 永遠なれ北陸特急-4〉今庄俯瞰に耽るサンダバ

こんばんは。

JRのダイヤ改正ばかり気にしていましたが、近鉄もちゃっかりダイヤ変更があるんでした。全体的に増便&増車傾向なようで、鈴鹿線も夕方に4本/hが帰ってきました。ついでに名古屋線普通3本/hに戻してくれや…

 

さて本題へ。加賀温泉は石川県ですが、再び福井県に戻ってきました。

前回の模様はこちらから。

naroaru.hateblo.jp

 

基本的には福井で系統が分割されているため、違うホームへとお乗り換え。コンコース上にある発車標に目立つ「特 急」も、あと1か月弱で消えることになります。金沢行きの運転間隔もギチギチなのが、いかにも特急街道の風格を醸し出していますね。

14時台の発車が並ぶ中、異彩を放つのが16:50発の九頭竜湖行き。またここにJRの飛び地路線が誕生してしまうことになりました。しかも正式な起点は隣の越前花堂なので、この手によくある18きっぷの通過特例は「敦賀越前花堂」という縛り付き。

まあつまり福井では途中下車できないというわけですね。急に乗り換え客が増えると思いますが、地元民の方々、つまりはそういうことなのです…

 

乗り換え先の敦賀行きは2両のワンマン列車…の割には、ラッシュどころではないほどのありえない混雑っぷり。にしてもやたら女性が多いな…と思ったら、鯖江で一気に降りていきました。近くのサンドーム福井でライブがあったそうです。

急に静かになった車内でウトウトしていると、列車は今庄に到着。北国街道の宿場町観光の拠点ということで、観光案内所やお土産屋が併設された小綺麗な駅舎でした。あとスキー場へのシャトルバス乗り場もあるので、意外と活気があるかも?

 

ここから湯尾方面へ線路沿いに歩くと、国鉄慰霊碑の手前に藤倉山へのハイキングコースの入口が現れます。ここら一帯は北陸トンネル建設のきっかけとなった木ノ芽峠を控えていますが、ブナが広がる登山道が整備された、そこそこ人気な場所なようです。

で、今からここを登るわけですが、雨で地盤が緩みに緩みまくっている挙句、雪というか霰(あられ)みたいなものが降ってくるという最悪なタイミングなわけで。一瞬怯みましたが、ここまで来といて何の成果も無しというのは泣けるので…

 

683系(4000) 〈4028M 特急サンダーバード28号 大阪〉

加賀温泉セブンイレブンで買った傘をストック代わりに、一歩一歩確実に。結局登ったんかーいというツッコミはともかく、途中の開けた広場から今庄の街を俯瞰してみました。木々が邪魔ですが、作例が少ないが故に察していたのでまあ良いでしょう。

今庄を通過した列車は、その先の南今庄を越えて北陸トンネルへと入っていきます。狭軌の陸上鉄道トンネルとしては日本最長の13,870mで、この開通が北陸本線だけでなく北陸地方の活性化の起爆剤になったのは言うまでもありません。

その一方で、旧線区間の地域では過疎化が進行。ここ今庄も補助機関車の増解結の拠点だったため、やたら長いホームや広い構内、さらには現存する給水塔が当時の面影を残してくれています。

 

683系(4000)+683系 〈4025M 特急サンダーバード25号 金沢〉

同じ福井県内でもここら辺を境に「嶺北」と「嶺南」に経済圏や文化が分かれるようで、そういった意味でも昔からの関所だったのかもしれませんね。申し訳程度の残雪も見れましたし、無理して登った甲斐がありました。

次のしらさぎ9号まで粘ろうとしたものの、今度は雷が鳴り出してきたのでさすがに撤退。予定よりも1本早い普通列車に乗ることにしたので、「急ぎながらゆっくり」下山する羽目になりました…

 

結果として乗れましたが、これが別の意味で功を奏したのは次回のお話です。

ありがとうございました。

〈2/10 永遠なれ北陵特急-3〉今昔交わる加賀温泉カーブ

こんばんは。

予定では先週の土日を使って山陰方面にでも行こうとしたのですが、謎の高熱によって泣く泣く断念。意識が朦朧とする中で流れてきたのはめちゃくちゃ綺麗な大山をバックにした381系の写真…うっ心臓発作が…3月中に行けるだろうか…

 

アホはほっといて、話は北陸へ。牛ノ谷ストレートから移動するところでした。

naroaru.hateblo.jp

 

行き当たりばったりの遠征なので、次はどこで撮ろうかと考え倦んでいると、列車は加賀温泉に到着。片山津、山代、山中などの加賀温泉郷の玄関口で、「関西の奥座敷」とも呼ばれるエリアですね。

北陸新幹線の停車駅なだけあって、開業工事が急ピッチで進められていました。駅前も綺麗に整備されていて、まさに新幹線フィーバー間近といった雰囲気。長年親しまれてきた北陸特急は確かに消えますが、それに代わる新たな超特急が走り始めようとしています。

 

683系(4000/B35) 〈8085M 特急サンダーバード85号 金沢〉

何気に途中下車しちゃってますが、ここから大聖寺方面に歩いて30分ほどの跨線橋から、大きなカーブを描く列車を狙います。在りし日のトワイライトEXPや金沢工臨などが走る日にはそこそこ賑わうポイントだそうで。

列番からお分かりの通り、こちらは臨時列車扱いとしての運転。大阪を9時台に出発するという丁度良い時間設定のおかげか、前後の11号・13号と合わせて約10分間隔でサンダバがやって来ることになります。これには我らが近鉄特急もびっくり…と思ったらあっちは1時間で7~8本の時間帯が存在するというね(伊勢市・宇治山田)。

 

521系(J22)+521系(J17) 〈339M 普通 金沢〉

真新しい北陸新幹線と奥の方にすれ違ったサンダバ、そして地域間輸送を担う普通列車の夢の三者(?)コラボ。ときたま新幹線の試運転列車が通っていくので、頑張れば本当に共演した写真を撮れそうです。

J編成の中でも2021年製造と何気に新しい編成が来ました。2次車までの編成とは顔がまるで違うのはともかく、結局北陸本線どころかJR線を走ったのは3年弱だけだったことになりますね。まあ走らせてさえもらえなかった編成もいるんですが…

 

681系(2000/N11)+681系(0/W05) 〈8M 特急しらさぎ8号 名古屋〉

牛ノ谷ではボツになったが故に、初めてまともな「しらさぎ」号が撮れました。さりげなくJR東海のオレンジのラインを纏う姿は、どこか安心感すら覚える装いです。ただ東海道線内は最長6両なんで、こんなに長いとさすがに違和感が無くはないかも…

681系2000番台は言わずもがな元北越急行の車両です。かつては「はくたか」として在来線最速160km/hでぶっ飛ばしていたのもちょうど10年前まで。なんやかんやで3月以降も走るようですが、引退前に復刻スノラビ塗装にしてくれんかな。

 

駅に戻ってきますと、ちょうど七尾行きのサンダバ17号が遅れて入線してきました。定期では和倉温泉行きですが、地震の影響で運転区間が短縮されていました。七尾線も段階的に復旧し、この5日後の2/15には全線が復旧、和倉温泉行きが復活しました。

さらに能登半島に近いのと鉄道も、同日に一部区間が運転再開。残る区間は4月上旬の復旧を目指しているそうです。「今は乗れなくとも応援したい…!」というそこのあなた、応援鉄印の販売が開始されたのでそちらをぜひご検討あれ。

 

tabiyomi.yomiuri-ryokou.co.jp

 

681系 〈5060M 特急しらさぎ60号 米原

続いてJR加賀温泉駅の看板を背に到着するしらさぎ号を。両隣の駅が特急停車を巡る争奪戦を繰り広げる中、折衷案として「作見」から改称&特急停車を集約させたのがこの駅です。それが今度は新幹線停車駅になるとは、出世も甚だしいところです。

ところで北陸新幹線のダイヤを確認すると、首都圏と直通する最速達種別「かがやき」は芦原温泉とともに2往復停車するようです。それとは別に越前たけふ・小松ペアも存在するので、本当に東京まで近くなるんだなあ…と実感させられます。

 

この後の福井行きで、次なる撮影ポイントへと向かいます。

次回に続きます。ありがとうございました。

〈2/10 永遠なれ北陸特急-2〉ある意味冬らしい牛ノ谷ストレート

こんばんは。

タイトルを更新しまして〈永遠なれ北陸特急〉と冠しておきました。まあ全滅するわけではないにしても、西日本を代表する在来線特急の転換期ですからね。

 

さて本題へ。北陸本線(敦賀以北)を走る特急列車を狙うべく、県境付近の牛ノ谷までやって来ました。細呂木寄りの開けた区間で何本か撮ってみます。

前回はこちらから。

naroaru.hateblo.jp

 

683系(4000/B41)+683系(2000/R15) 〈4005M 特急サンダーバード5号 金沢〉

手始めにヨンダーバードと福知山からの出戻り組の混結編成から。683系として登場し、交直流機器を取っ払って289系として送り込まれたと思ったら、再度683系として金沢に帰ってくるという数奇な変遷を持つ車両ですね。

一応天気予報を確認して「曇り時々雨か雪」となっていたので来てみたものの、普通に雨だったというオチ。雪しぶきを上げながら爆走する姿目当てだったんですけどね、単に天気が悪い日に狙って来た人みたいになってしまいました。

 

681系(0/V12)+683系(4000/B31)  〈4016M 特急サンダーバード16号 大阪〉

本命の構図はこちら。手前の田園といい、後ろのゴルフ場を覆う木々といい、一周周って冬らしい装いなことで。これが一面銀世界だったら映えたんだろうなあ…と軽く落ち込みながらも、これはこれで記念ということにしときましょう(ご都合主義)。

地味に嬉しい681系、しかも旧塗装が来てくれました。各所でその処遇が心配されていましたが、「能登かがり火」に回すだの289系化までのつなぎだの、暫くは居残るそうな。ただリニューアルされずにサンダバ増結要員と化している以上、そう長くはなさそうなのは明らかです。

 

683系(0/W32)+681系(0/V11) 〈4007M 特急サンダーバード7号 金沢〉

ある意味有名な7号、こちら全25往復の中でも停車駅最多を誇る列車です。北陸側に加えて高槻・堅田近江今津にも丁寧に停まった結果、日本最速の表定速度を誇る37号と比べて20分の差があるそうです。それでも全然飛ばすんですけどね。

よく見たら0番台同士の連結でした。681系と683系は非貫通型で見比べると乗務員扉横の三角窓の形状が違うらしいんですけど、貫通型ともなると…

とは言え後継車ならではの進化点も数多く存在しているため、やっぱり先輩・後輩の立ち位置なんじゃねえかなと思うわけです。だからこそ威厳を見せてほしい!

 

EF510-5 〈貨物〉

北陸本線を走る長大編成と言えば、この貨物列車も忘れてはなりません。大阪から日本海側の各幹線を通って青森へ至る「日本海縦貫線」の一部を担っており、特急列車による旅客輸送だけでなく物流をも支える、屈指の本線というわけです。

やっぱり貨物や機関車には疎いので変なことは言えないのですが、寝台列車北斗星」「カシオペア」で使われていた車両(実際はJR東日本の500番台)の仲間という認識で正しいんですかね?交直両用ですが、その勢力は全国に拡大しているようです。

 

521系(J17)+521系(J22) 〈336M 普通 福井〉

特急ばかり気にしていたので危うく撮り逃すところでした。新幹線延伸開業後、この区間はハピラインふくい線に変わるわけですが、同時に521系もJRから譲渡されます。その下準備として、車両各所のJRマークを剥がす作業が行われています。

元々は湖西線直流化をきっかけとして導入されましたが、相次ぐ三セク化でJRを離れることになろうとは。かと思えば七尾線の新車として100番台が登場したので、直流の227系同様に使いやすい電車として、これからも頑張ってくれることでしょう。

 

もうちょい居座るつもりでしたが、雨脚が強くなる前に撤収することにします。1面2線だけど上下線でホームの高さが違えや…という記録でしたが、よくよく考えたらこの駅名標も3月で見納めでしたね。思わぬ副産物を得てしまいました。

 

すぐにトンネルに入って石川県へ、次の撮影ポイントに向かいます。

次回に続きます。ありがとうございました。

 

naroaru.hateblo.jp