あすなろ撮影録

大学生の備忘録的ななにかです

1/16 はじめての亀山配給

こんばんは。

ついに臨時快速「ムーンラインながら」が運転終了とのことで、悲しい意味で盛り上がっていますね。自身も2020年3月に初乗車しようとするも泣く泣くキャンセルした過去があるので、より一層残念に思えてなりません…

 

さて本題へ。この日は確か昼前に起きてゴロゴロしていたものの、Twitterを漁っているとあの名物列車が下っている(いや上っているのか?)との一報が。ちゃちゃっと準備して撮りに行ってみることにしました。

 

f:id:narotaro94:20210122223940j:plain

キハ120形(301+15) 〈249D 普通 加茂〉

関西線は関~加太、旧国道25号沿いから加太川とともに撮る超定番ポイントです。まずはこの区間の主力はJR西日本の標準気動車とも言えるキハ120形で練習。奇しくも300番台と0番台が連結されていますが、違いは車内がセミクロスかどうかくらいですね。

初期車が製造から25年経つということで、絶賛体質改善工事中なのは周知の事実です。関西線(亀山~加茂)に限った話ですと、今年3月13日からICOCAエリアに追加されるため車載型IC改札機が設置されるようになります。

先駆例(境港線や和歌山線)があるとはいえ、開始当初はバスとは似て異なる運用方法に戸惑う人が多いと思います。何より厄介なのがTOICAエリアと被る亀山駅、出場時は窓口設置のIC処理機を使わなければならないという手間があるので要注意ですな。

詳しくはこちらから↓

www.westjr.co.jp

 

f:id:narotaro94:20210122225756j:plain

DD51形(1193号機)+キハ120形(303) 〈配8722 草津→亀山〉

お目当ては関西ではそこそこ名の知れた「亀山配給」です。全般/重要部検査を行うために亀山鉄道部から200㎞以上離れた網干総合車両所までDD51形が牽引するわけですが、その中で亀山~宮原操車場の区間を俗にそう呼ぶそうです。

初めて撮りましたが、シュールながらも頑張って走る姿は確かに何度も狙いたくなりますね。平日&休日に走られるとほぼ撮影不可能なんですけど、タイミングが合えば撮影ポイントの新規開拓も兼ねてまた訪れたいところです。

 

f:id:narotaro94:20210122232809j:plain

ついでに1コマ前の写真も。こんな曇り空でこんなご時世だからか両手で数えられる程度の同業者しかいらっしゃいませんでした(通常時がどれくらいの賑わいかは知りません)が、少し離れつつ静かに撮れたのでまあ良かったかなと。

にしてもこういうネタ列車の情報ってどこから仕入れるんでしょうか。内通者による拡散でしょうか、もしそうならなかなか大胆な度胸を持ち合わせていますよねえ…まあともかく自分はおとなしくタイムラインを眺めておくことにします。

 

ということで今回はここまで。ありがとうございました。

1/15 山間を駆ける近鉄電車

こんばんは。

本日1/20は1年で最も寒いとされる「大寒」でしたが、実際は雲ひとつない晴天で過ごしやすい1日でした。なんでも二十四節季は中国の気候に準拠しているため、日本の気候に当てはめると若干のズレが生じるんだとか。へえ、ひとつ賢くなった…

 

さて本題。この日は翌日に控えた大学入試共通テストの設営準備のため全休、ともなればどこかに出かけよう…とは大声で言えないので、かねてから撮りたかった構図を狙いに近鉄大阪線沿線へ。

 

f:id:narotaro94:20210118224759j:plain

5800系(DF11) 〈1420 急行 大阪上本町

とその前に、伊勢中川~川合高岡の伊勢自動車道と交差するあたりで良さげな場所を発見したので1枚。近鉄でデュアルシートが本格採用された、いわゆる「L/Cカー」シリーズ第1弾となる車両ですが編成数で見れば意外と少数派だったりします。

その割にはラッピングトレインとして抜擢される頻度が高く、現在はDH02編成がデボ1形復刻塗装、DH03編成が海遊館30周年記念列車として走っております。後者はともかく前者は今年で登場から7年となり、そろそろ雲行きが怪しいんですよね…

 

f:id:narotaro94:20210118230435j:plain

80000系(HV) 〈65 特急ひのとり 大阪難波

そんなことを思いながら、青山峠を越えて西青山~伊賀上津の撮影ポイントに到着しました。宮下トンネルから飛び出す近鉄電車ということで、実は既にロケハン済みだったりします。 

到着早々やってきたひのとりですが、バックの深緑とほぼ同化してしまいました。メタリックレッドの味を写し出すことには毎回苦労してまして、もはや半分諦めている感すらあります。い、いいもん、元々のフォルムがカッコいいもん!!

 

f:id:narotaro94:20210118232039j:plain

50000系(SV03) 〈9400K 特急しまかぜ 京都〉

ここでのお目当ては京都行きしまかぜでございます。名古屋行きは論外として、難波行きは通過が17時過ぎと日没後、夏なら撮れそうですが今狙えば温かみのある冬光線&夕陽のおまけ付き…これは撮るっきゃない。

“観光”特急なだけに最も影響を受けているかと思いきや、平日はともかく土休日の乗車率はぼちぼちといったところ。さすが不動の人気を誇る看板特急だと褒めたいところですが、今後も油断を許さない状態であることは事実です。吉野のあの魔改造特急よろしく、何とかこの場を乗り切ってもらいたいところですな。

 

f:id:narotaro94:20210118234933j:plain

12410系(NN13) 〈1502 特急 大阪上本町

こちらは鳥羽発上本町行き乙特急。鳥羽を15:16に発車し、先程の京都行きしまかぜは4分後の15:20に発車します。その後は五十鈴川(しまかぜは通過)、宇治山田、伊勢市、松阪(しまかぜは通過)の順に4分続行で先着しつつ、伊勢中川ではなぜか5分も停車。

実はその間に後続のしまかぜに追い越されるという、まさかの「同格退避」を行っているんですよね。そのせいで大和八木にはしまかぜより6分遅く到着、さらに土休日にも同じ現象が発生しているのだからなんかもう…特急の威厳とは。

 

f:id:narotaro94:20210119000656j:plain

5820系(DF52) 〈1520 急行 大阪上本町〉 

ここまで短時間に3本連続で特急が通過していったものの、最後にシリーズ21の急行がやってきました。冒頭の5800系に20を足しただけということで一応後継車にあたるんですが、外装があまりにも変わりすぎたので「目立ちすぎた後輩」感が否めません。

今回は伊勢志摩のイメージとは離れたしまかぜを目標に来たものの、山間を駆け抜ける近鉄電車ってのはどの車両でも画になりますね。山あり海あり平野あり都会あり、そんな近鉄の路線網の凄さを実感した半日でした。

 

f:id:narotaro94:20210120222813j:plain

余談ですが、撮影後は榊原温泉(さかきばらおんせん)へ。『枕草子』で知られる清少納言も「ななくり(=七栗)の湯」として名を上げていまして、保養的な意味合いで親しまれている場所でございます。

その中でも「湯元榊原舘 湯の庄」は日帰り温泉も営業しており、贅沢にも源泉かけ流し。アルカリ性単純温泉ならではのぬるぬる度合いが特徴なので、興味のある方はぜひどうぞ。

www.yuno-sho.jp

 

ということで近鉄大阪線プチ撮影記でした。ありがとうございました。

1/13 三岐鉄道のラッピング3兄弟

こんばんは。

1/16~17と続いた大学入試共通テスト、受験生の皆さんはひとまずお疲れ様でした。英語(とくにリスニング)に悲鳴を上げている人が多いようで、やっぱり傾向が変わったんでしょうか。何とも言えない、でも同情してあげたいセンター試験組の一員です。

さて本題へ…とその前に。今後投稿されるであろう、2021年の活動に関する記事全てに共通する話を以下に掲載させて頂きます。

現在三重県では感染再拡大に伴う「緊急警戒宣言」が発出されておりまして、その中で県境を越える移動は生活維持に必要な場合を除き避けるよう呼びかけられています。

そのためこの宣言が解除される(予定であってほしい)2月7日までは、アルコールジェルによるこまめな手指消毒、目的(ここではメインとなる被写体の撮影)外の滞在を極力短くするなどの感染症対策を行いつつ、県内のみで撮影を行っていく予定ですのでご理解、ご了承下さい。

 

f:id:narotaro94:20210116231704j:plain

101系(105F) 〈27 普通 西藤原〉 

ということで今回は三岐鉄道三岐線の撮影録をお送りします。水曜午後は教授の気まぐれ次第で講義があったりなかったりするので、果たして単位がもらえるかどうかはともかくして時間に余裕があるんですよね。

場所は山城~保々の視界が開けたストレート区間。この車両の種車が西武401系とのことで、全ての車両が廃車解体されることなく三岐鉄道上信電鉄近江鉄道に散らばっているという地味ながら奇跡の復活劇を遂げたことで知られています。

 

f:id:narotaro94:20210115233536j:plain

801系(805F) 〈30 普通 近鉄富田

線路寄りに移動しましてメイン列車を撮影。前面まで日が回りきっているとは言い難いものの、その特徴的な「色」は十二分に輝いてくれているので来た甲斐がありました。

三岐鉄道は2021年、すなわち今年で開業90周年を迎えることを記念して比較的早い段階からプレイベントを実施しています。その一環で2018年4月に西武レモンイエローを纏った復刻編成が登場し、様々な界隈で話題になりました。

というのも復刻したのは色だけでなく、方向幕横の「通過標識灯」も実際に点灯するように改造されているんですよ。昼間は前照灯どころか尾灯ですらも消灯状態なので簡単に見ることはできませんが、急行灯とかどんな感じで灯るかが気になるところです。

 

f:id:narotaro94:20210116234517j:plain

801系(803F) 〈32 普通 近鉄富田

後続の上り普通は第2弾となる「赤電」塗装でした。正確にはラズベリーレッド&トニーベージュなる色種らしいですが、2019年4月に登場しまして805編成と同じく通過標識灯も使用可能。同年5月に運転された団体臨時ツアーの際には「飯能」「急行」と表示しながら爆走するという大盤振る舞い。

西武鉄道では西武多摩湖線(国分寺~萩山)に残った351系が廃車された1990年に消滅したものの、2017年12月の開業100周年イベントの際に復活。多摩川線101系に施されているとのことで、本家に触発された形でしょうかねえ。

 

f:id:narotaro94:20210117001331j:plain

101系(101F) 〈29 普通 西藤原〉

所変わって東藤原駅前の踏切から。2017年11月に新築された洋風木造(←ここ大事)駅舎が目を引きますが、発車している下り電車は第3弾となる「旧三岐」カラー復刻塗装車でございます。ここでやっと自身の会社の歴史に触れてきたか…

こちらは三岐鉄道が生誕90周年どうこうというよりは、2003年に近鉄から譲渡された北勢線が絡んでいるんでしょうか。元々は三重交通保有していたという「誰が信じるんだ」と疑いたくなる事実があり、その当時のカラーリングがこれだったわけです。

2020年5月に登場したばかりではあるものの、登場当初は昨今の情勢からか運用が非公開となっておりました。北勢線にも同じ復刻塗装があしらわれた200系202編成がいることも相まって、注目度がイマイチ低いのが悲しいところ…

 

f:id:narotaro94:20210117004029j:plain

101系(101F) 〈36 普通 近鉄富田

折り返しは太平洋セメントのプラントとともに。こちら101編成は現存する西武鉄道製造車の中で最古参という、やっぱり西武の歴史が関連してくる車両ですが、ある意味このコラボレーションが一番しっくりくるのかもしれません。

大本命のセメント事業よりも旅客車両のラッピングに力を入れている気もしなくはない三岐鉄道。先述のように今年で90周年とのことで、どのようなイベントを仕掛けてくるのか注目したいところですな。

 

f:id:narotaro94:20210117010519j:plain

あとは三岐鉄道へのお礼(?)と投資(??)を兼ねて先程の101系に乗車、東藤原と丹生川を1往復します。

四国は予讃線にも同じ読みの駅があり、あちらは「壬生川」なのに対しこちらは「丹生川」…いやそんなことよりも月1しか開館しない行きづらさと展示品がコア中のコアすぎる親しみにくさで定評のある「貨物鉄道博物館」へはここが最寄りです。

僕自身も幼い頃に1度行ったっきりであまり記憶にないので、機会があればぜひ訪れたいところです。好きな人には興奮の連続、そうでもない人にとっては終始困惑する、まさに貨物が人を選ぶ場所ですのでね…

 

f:id:narotaro94:20210117005616j:plain

丹生川駅と博物館の間にあるDB101号とタンク4両。巴川製紙所で活躍したらしい。

今回はセメント列車ではなくラッピング列車を主眼に撮影しましたが、それはそれで撮りごたえのある面々ばかりで非常に楽しかったです。根強い人気を誇る三岐鉄道、落ち着いたら北勢線とともに撮りに来て頂ければと思います。

ということでここまで。ありがとうございました。

1/9 快特と高速一般バスと8連@名古屋

こんばんは。

月曜日は成人の日でした。各地で成人式が中止やら延期やら大変なことになっているものの、鈴鹿市では鈴鹿サーキットの国際レーシングコースグランドスタンドで行われました。まさか観光地がこうも役立つとは、普通に驚きましたねえ。

www3.nhk.or.jp

 

さて本題へ。1/7時点では1都3県に緊急事態宣言が出された段階だったので、予防対策に留意しつつ「ただ1つのミッション」を遂行するために名古屋に繰り出しました。

  

f:id:narotaro94:20210113225341j:plain

キハ75系(102-2) 〈2912D 快速みえ12号 名古屋〉

この日は朝から蟹江での線路設備の点検、そして昼からは毎度お馴染み紀勢線の風規制の影響でダイヤ乱れが発生。何本かの快速みえが運休になっていましたが、幸いにも乗る予定だった12号は約30分遅れで走っていました。

今回は余った特ダネ4回数券の消費を兼ねていたのですが、本来は「ありがとう1700系記念撮影会 in舞木検査場」に参加するために使おうとしていました。抽選ですし運試し感覚で応募してみたものの、そんな半端な気持ちじゃ外れるわな…ということで素直に1702Fを撮りに行こうとした算段です。

 

Twitterで運用を探ると、ちょうどいい時間に本線運用に就いているとのこと。このままの遅れなら中央線(尾頭橋通過の恩恵)&金山乗り換えで先回りできる…!そう思いながら東岡崎行きダラに乗り込んだ…

 

f:id:narotaro94:20210113230510j:plain

1700系(1702F) 〈146 快速特急 豊橋

結果がこれですよ、名鉄お得意の多重退避にやられました。鳴海まで逃げ切ると思ったので本星崎付近で狙おうとしたんですが、本笠寺が2面4線だったとは全く知りませんでした。よくよく考えれば前を走る急行(1412列車)が知立まで先着するわけないよなあ…

この情勢的に当分は愛知と岐阜に行くことができなさそうなので、個人的な1702Fのラストカットはダラを横目に本線をかっ飛ばす画となりました。色々と不運だの悲劇だの同情され続けた1700系もとい1600系、最後まで故障せず走ってもらいたいものです。

 

f:id:narotaro94:20210113232547j:plain

2200系(2207F) 〈150 特急 豊橋

お目当てが去った以上もう名古屋にいる理由が消えたわけですが、門限列車までまだ時間が残っています。中京競馬場パノラマカーを見に行こうかと考えながら、道中の有松で下車。よさげなカーブを見つけたので気晴らしに数枚撮ってみました。

名鉄におけるスタンダード特急車の位置付けにあり、先述の1700系を置き換える(予定の)張本人でもあります。仕様によって30番台やら2330番台やら、もしくは2300系やら2330系やらと異名が多岐に渡る点でも有名だったりします。

 

f:id:narotaro94:20210113233458j:plain

3500系(3512F)+3100系(3104F) 〈1422 急行 豊川稲荷

2019年6月から3107Fを皮切りに塗装変更が行われている3100系。特急・快特運用に就くときに2200系と統一感を持たせるためというのは分かるんですが、じゃあ一般運用はどうでもいいのかって話になりますよね。あ、でも銀電いる時点でそうなるか。

ところで後で調べて分かったことですが、中京競馬場のパノラマステーションは新型コロナウイルスの影響で現在は閉鎖されているとのこと。車内に入れないということでしょうし、これはまた別の機会にということにしておきましょう。

 

f:id:narotaro94:20210114134447j:plain

さて用も済んだことですし、近くの有松小学校バス停から名古屋市営バス「高速1」系統に乗車します。一般的な路線バスなのに名古屋高速3号(大高線)を経由する、界隈では有名な路線ですね。写真は名古屋南入口を通過して星崎料金所に差し掛かるところ、ETCレーンを示す青い通行帯が確認できるかと思います。

都市高速はいわゆる「自動車専用道路」にあたるが故の合法的なルートですが、普通料金210円の他に高速道路利用料金10円が発生します。あくまでも名高速を含む区間を利用するときのみ必要で、ICカードで乗車する場合は最初からその設定(220円)になっているので、名高速を使わない場合は乗務員さんに知らせなければなりません。

 

f:id:narotaro94:20210114003249j:plain

211系(K1)+211系(K10) 〈3641M 普通 多治見〉

そんな物珍しい市バスを鶴舞公園(つるまこうえん)バス停で下車。歩いてすぐのJR中央線鶴舞(つるまい)駅から帰路に着きます。場所によって「つるま」か「つるまい」かが異なる、そんな話も東海圏の方にとっては聞き飽きたトリビアかと。

静岡地区とは違いこっちの211系5000番台はトイレがついた5300番台が組み込まれています。いや逆だろと思いますが、どうせそのうち新型車両315系に置き換わるんですから今となってはどうでもいいんでしょう、多分。

 

1、2枚撮りつつささっと名古屋乗り換えで快速みえ17号で帰りました。この5日後に愛知&岐阜も対象地域に追加、三重も似たような宣言が出されたので今後1702Fに会うことは無さそうです。残念ですが、こればかりは仕方ない。

ということで約2時間の名古屋滞在記でした。ありがとうございました。

1/8 先頭だけぴっかぴか

こんばんは。

名古屋市営地下鉄が市役所(名城線)→名古屋城、中村区役所(桜通線)→太閤通など4駅で駅名変更を行うとのこと。他に3駅検討されたもののそれらは現行通りで、とくに本陣(東山線)は中村区役所新庁舎の最寄駅ながらも定着度を優先したようです。「市役所」っていうド直球な駅名、結構好きだったんですけどねえ~

www.chunichi.co.jp

 

さて本題へ。大寒波の影響で日本海側は大雪、太平洋側は強風に見舞われたこの日ですが、晴れてはいたので講義の合間を縫って伊勢鉄道線を撮ることにしました。

 

f:id:narotaro94:20210108230245j:plain

キハ75系(1-101) 〈2909D 快速みえ9号 鳥羽〉

まずは徳田にて。文句なしの日の丸構造であることは置いといて、紀勢線での風規制の影響で関西線もろとも遅延が発生。この列車も10分程度遅れての通過でした。単線区間が点在するために名古屋出発前から遅れてしまうのが玉に瑕でしょうか。

コロナ云々の前に利用者の浮き沈みが激しい快速「みえ」。当初は2両だったものの伊勢神宮の人気度が上がった途端(特に2013年)に4両で運転される列車が増加し、ほぼ土休日運転の臨時51号が誕生…かと思い切やまたまた2両の割合が増えてきました。

乗ると分かるのですが、上下ともに名古屋~桑名は混むもののそれより南は空席がちらほらと現れます。この区間だけは指定席を取る価値があるように思いますが、みるみる減っていく乗客を見続けると割に合わなくなってくるかも。

 

f:id:narotaro94:20210108231748j:plain

キハ85系(85-6/85-1114/84-5/85-8) 〈3005D 特急南紀5号 紀伊勝浦

続いて中瀬古へ。3連休直前ということで4両なのはともかく、先頭は12/20に名古屋工場から出場したキハ85-6という組成。台車は後ろ3両とは桁違いの綺麗さ、頭の煤も少しだけ、遅れたおかげで光線も申し分なしという、撮り甲斐のある列車でした。

1両単位で走れる気動車の便利さが、こういった現象や柔軟な両数変更に貢献しているんでしょうね。高山線の特急「ひだ」では頻繁に増解結が行われている気がするで、その要領が活かされている感じですな。

 

f:id:narotaro94:20210108234603j:plain

逆光ですが振り返ってもう1枚。伊勢鉄道線では中瀬古から津方面は単線になるため、ここや河芸でしばしば行き違いが行われます。三セクお決まりの複線化用地や電化設備の基礎部分が確保されているものの、まあ行方はお察しですわ…

JR東海の車両しか登場していませんが、走っている場所は「伊勢鉄道」線ですからね。自社車両であるイセⅢ形を撮ろうと思う度にタイミングよく去っていくんだよなこれが。

 

ということで簡単な撮影レポでした。ありがとうございました。

始まる2021、ULだらけ

f:id:narotaro94:20210103223537j:plain

新年明けましておめでとうございます。

どこぞのウイルスの影響でとんでもない世の中になりましたが、今年こそは未踏の地(特に東北と九州)へ旅ができる…そんな未来を切に願うところです。もちろん学業もバイトも当ブログも、邁進して参る所存ですのでよろしくお願いします。

 

さて元日、その次の日とバイトが続き、三が日最終日の今日は休みだったので2021年の初撮りを敢行すべく伊勢朝日~川越富洲原のストレート区間へ。光線は申し分なしですが、なんやかんやで失敗したので比較的マシな1枚だけ載せておきますね。

写真は鳥羽行き特急(1413列車)ですが、その前後を走る難波行き乙特急(164列車)も甲特急(65列車)もアーバンライナー。元気だなあと思う反面、汎用車の活躍の場が押し縮められていることも実感しました。

 

f:id:narotaro94:20210103225354j:plain

帰りに川原町にも寄り道…ってまたもやUL運用の名阪甲特急(66列車)がご登場。反対側からも数分遅れた乙特急(114列車)のULが通過した直後だったので、この日見た車両の7割はこいつという結果に。

どうせ大阪への往来のときにもお世話になるので、自分にとっては切っても切れない存在になるのでしょうか。白子で乗り降りすることを考えると、ひのとりの快適性より乙特急の利便性(乗り換え無しで行ける)のほうが勝る気がするんですよねえ…

 

ということで、簡単ながら新年のご挨拶でした。ありがとうございました。

超便乗!2020年を振り返る12記事

こんばんは。

晦日がやって来ました。ドタバタしすぎて実感が湧かないのですが、今年~来年は静かな年明けとなりそうですな。悲しいような、仕方ないような、複雑です。

 

さて、2020年最後の記事は各月のおすすめ記事(1月のみ別月投稿のもの)を紹介しながら今年を振り返ろうという完全便乗企画となっております。二番煎じどころか三番煎じもいいところですが、まあ気にせずやっていきましょう。

 

【1月】

naroaru.hateblo.jp

当時は大学入試を控えた高校3年生だったこともあり、趣味活動はほぼ皆無な状態でした。そんな中で唯一カメラを触る機会をくれたのが、初詣に訪れた学文路天満宮の近くを走る南海高野線

もう少し粘れば「天空」も撮れそう…と現を抜かすようなことをしなかったおかげか、それともご利益か、センター試験ではまあまあの結果だったことを覚えております。にしても地理Bだけは悲惨だった、我ながらありゃないわ。

 

【2月】

naroaru.hateblo.jp

入試の山を越えに越え、後は結果待ちという時期。この月の目玉と言えば、名鉄2000系エヴァラピと関西線8075貨物でしょうか。後者に関しては、今は無きYahoo!ブログ時代からの付き合いで現在は某鉄道会社で活躍する友達からのお誘いを受けての撮影でした。

他にも赤幕に換装されたN54編成の名伊特急を撮ったり、Twitterを始めてみたりとちょくちょく活動を再開していたところです。迫りくる高校生活の終焉にも寂しさを覚えたりそうでもなかったり(地元に帰れば会えますからね、多分)。

 

【3月】

naroaru.hateblo.jp

いよいよ新型コロナウイルスが牙を剝いた3月…とは言え「マスクして手洗いうがいすりゃいっか」という軽い警戒心だけだったので、泊りで松山&広島旅、日帰りでいずっぱこや伊勢志摩お魚図鑑の撮影に行ってきました。

いやそんなことより私事の影響のほうが凄かったですよ。高校こそは晴れて卒業したものの、そして大学こそは第一志望に合格したものの、そこからの中止・延期の急展開続き。もちろん様々な危機に直面した方も多いのは事実ですが、ここまで「日常」が崩壊するとは思わなかったものです。

 

【4月】

naroaru.hateblo.jp

4月16日から5月6日まで緊急事態宣言が発令されたことは記憶にあると思います。撮り鉄を専門とする当方にとって外出自粛は、それすなわち趣味に打ち込むチャンスを失ったようなものでしたので必然的に写真もないわけで。この月は【過去録】シリーズでつないだ気がします。

今でこそ慣れてしまったオンライン授業ですが、当時は本当に驚いたものです。それで講義ができるのか、単位が貰えるのか、というか大学ってそんなもんなのか。新1回生だからこその悩みも多々あったのは事実です。

 

【5月】

naroaru.hateblo.jp

自動車学校とバイトに行き始めた5月。どちらも大学生っぽいことだなあと思いつつ、でも本業の大学通いができていない、エセ大学生全盛期な時期でございました。

鈴鹿線に「はかるくん」が来た以外は、名古屋線でちょろっと撮ってきました程度で特段目立つような記事はありません。当の本人は、上の記事にあるようなXT編成の中川表示に感動するほどには鉄分が足りていなかったようですが。

 

【6月】

naroaru.hateblo.jp

梅雨ですねえ、という呑気なことを言ってられないのは確かでしたが、事実雨は多かった6月。それも相まってか6月の活動日は「名古屋線(ブログ未掲載)」「いせてつ」「白子」「八王子線」のたった4日だけ。

その中でも旧近鉄八王子線を巡る旅はなかなか面白かったです。廃線跡って山奥とか秘境とか辿るのが難しいイメージがあるのですが、ここは駅間距離が非常に短かった区間なのでレンタサイクルで楽々でした。僅かに残る遺構も実物を見ると興味深く思えますよ。

 

【7月】

naroaru.hateblo.jp

活動日数としては7月のほうが悲惨でした。夏休み前ということで単位認定のためのレポートや期末考査が絡んでいたのが理由でしょう。あとは腐るほど撮っている近鉄をわざわざ撮ろうと思わなかったのか。

あ、あと初版「鉄印帳」を買ったのも7月でした。当時は紺オンリーだったものが、現在は紺・ピンク・緑・水・黒とバリエーション豊かになってきております。今思えばなんであそこまで急いで買ったんだろうねえ…いやこれ以上はやめておこう。

 

【8月】

naroaru.hateblo.jp

近鉄1dayおでかけきっぷ」を用いて、撮り鉄→運転免許センターでの学科試験→撮り鉄という荒業(?)を披露しました。赤目口ストレートは定番立ち位置での撮影ができていないため、いつしかはひのとりを狙ってみたいものです。

後はリニューアル「楽」の試乗会キハ85系団臨ですね。前者は阪急チックな色合いになり、後者は当時こそは珍しかったものの今では日常と化した短い2両編成、鉄道界隈は何が起こるか分からんものですわ。

 

【9月】

naroaru.hateblo.jp

まだまだ続く夏休み、伊賀鉄道と伊勢志摩ドライブがこの月の核イベントとなりました。後者に関してはカーシェアの有難さを実感する旅にもなりまして、今後も旅先で重宝するような予感。

またTwitterに投稿したものですが、大雨の影響によるトイレ無しの白子行き5連急行が仕立てられたこともありました。まあ素直には喜べない設定理由ではあるものの、珍しいものが見れた瞬間でした。

 

【10月】

naroaru.hateblo.jp

この頃からはてなブログの投稿ペースと鉄道旅ペースが釣り合わなくなる、さらにはTwitterの更新も途切れ途切れになる状態が続きます。いやまあ書く気はあるんですけど、それ以上にタイピングが面倒くさい気持ちが上回るんです(ブロガー失格発言)。

 

【11月】

naroaru.hateblo.jp

有無を言わさず「スルッとKANSAI 2dayチケット」を駆使した関西遠征でしょう。Go to トラベルの恩恵を利用した1泊4日(前日に名張入り、神戸で1泊、後日名張出発)の旅だったので、日々の鬱憤を晴らす良い機会となりました。

元は訪日外国人向けという性質上、自分含む関西地区在住の方には優しくない発売方法ですが、それでもJR西日本の「(春/夏/秋/冬)の関西1デイパス」に匹敵する(いやそれ以上か)有用さなので、もう少し条件を何とかしてくれええ…

鉄印帳関連では11月だけで樽見鉄道愛知環状鉄道北条鉄道の鉄印を入手。全く報告していませんけど12月には信楽高原鉄道にも訪れており、今年は4種集めることができました。まあスローペースなのは致し方無いことですよ…

 

【12月】  

naroaru.hateblo.jp

関西遠征に埋もれてしまった名鉄撮影記ですね。あとはTwitterでちょろっと触れた甲種輸送2連発。あとはあとはひのとり初乗車、吉野連絡サボを付けたNS撮影、生駒線田原本線乗車…と未だTwitterですら投稿が追っついていないネタが数多く。

もういっか無かったかことにするかと思う反面、やはり共有したいし書きたい気持ちもあり、かと思えば時間がないのも事実。来年は「即時性のあるTwitter」「具体性のあるはてなブログ」の棲み分けを目指していきたいところです。

 

f:id:narotaro94:20201231214811j:image

いやあ~本業・趣味ともに完全に新型コロナウイルスに振り回された1年でした。今後もこんな生活が続くとなれば…考えたくもないことですけど、おそらく当分はこのままでしょう。

来年はどのような「非日常」が待ち受けているのか、果たして次の鉄道旅はいつになるのか、少しでも良い行先に出会えるように願いながら、今年最後の記事を締めくくろうと思います。

ということで本年も「あすなろ撮影録」をご覧頂きましてありがとうございました。来年もちょくちょく更新しますので、気が向いたら見てやってください。

 

それでは皆様よいお年を~ ありがとうございました。